2017年9月22日金曜日

Restaurant MiYa-Vie さんにて…

皆さん、こんにちは♪
スタッフの後藤です!

初めてのブログ投稿で少々緊張しております…
拙い文面になってしまうかもしれませんが、ぜひ皆様に、最後までお目通しいただけると
後藤はまた頑張れますのでよろしくお願いします!

さて、タイトルにもありますように、先日、代表の中野と、スタッフの計3名で、
南円山のフレンチの名店『MiYa-Vie(ミヤヴィ)』さんに伺いました。


オーナーの横須賀シェフはザ ウインザーホテル洞爺のミシェル ブラス トーヤ ジャポンの日本人料理長の経歴を持ち、ここ、ミヤヴィさんは今年の8月で開店10周年になります。
10年って、すごいですよね。本当にたくさんの方たちに愛されているお店。


ブログを担当するとは思ってなかったので(笑)お店のオシャレで素敵な外観や店内の写真はありません…
(私の心のシャッター刻んであります)

が!食べるの大好き後藤は、お料理の写真はちゃんと撮りましたー!!
この日いただいたメニューをご紹介!いきますよ!!!


■プティブシェ
 レンズ豆、フロマージュブランと鶉の卵、黒糖と酸味をアクセントに

MiYa-Vieのシンボルマークから、
 葉野菜、実野菜、根野菜を海の香りでつつみ

■炙った鮎、鮑とスイカの冷たいスープ、
 蕪、バジルと青柚子の香り

■冷たい大葉のスープ、茄子とフェタチーズ、
 水蛸とミニトマト
■衣を纏った穴子、根セロリのピューレ、
 胡瓜のソースとエゴマ、和梨
■北海道産リドヴォーと浅利、
 ラディッシュと茗荷のマリネ、万願寺唐辛子
■トウモロコシのフラン、香ばしく焼き上げた帆立貝、
 豆苗、夏トリュフ
 
■日高産羊"フォゲット”のロースト、ズッキーニと苦瓜、
 ニンニクと豆乳のクリーム、山椒
■桃と葡萄、練乳のクリーム、
 フレッシュな桃のシャーベット、緑茶の香り
■ミニャルディーズとコーヒー


お箸でいただく和テイスト。優雅。そして奥深い。

シェフの「日本人の、世界に誇れる繊細な味覚(香り、味、食感、視覚、風味)を大切にした、日本で食すフランス料理」へのこだわりを感じることができます。

また、食材それぞれの個性をうまく融合させていらっしゃるところにも感動。
強い個性を持っている食材同士が、どうしてまぁこんなに柔らかにまとまるんだろう、
これがいわゆる、『料理人の腕』なんだと感じました。

本当はお料理一つひとつの感想を書きたいところですが、みなさまにはぜひお店で感動を味わっていただきたい。


というのも、実はミヤヴィさん、9/20(水)をもって、現在での店舗での営業を終了しました。そして1カ月ほどの準備期間を経て、次は中央区北3条西26丁目に店舗を移転し営業を再開する予定だそうです。(詳細はミヤヴィさんのHPをご確認ください!)
 きっと、シェフの優しくて真面目な人間性までも感じられる、『新生MiYa-Vie』のお料理と空間なることでしょう。リニューアルがとても楽しみです☆


ごちそうさまでした😊
あぁ!そして、ピノ子オーナー、いつもありがとうございます☆
ヴォルネイの味、忘れません😌 とっても上品なワインでした!!
こんな上品な人間に、なりたいものです…(笑)


■2011 ヴォルネイ1級 シャンパン /  ダンジェルヴィーユ
 店舗販売価格 12,800円(税抜)








2017年9月21日木曜日

 スタッフでソムリエールの堀さんが、これらのワインを仕入れた私の顔を繁々と見ながら「売りずらいな~!!」と、目で語っていました。多分、そう思ったな?
間違いない!本当にその通りなのです。
マニアックな割に特別安くもないし、いわゆる名の知れた産地のメジャー ワインでもありません。
言えることは、ただ一つ。美味しいということだけです。

 また、これらのワインを自分たちの足で探求する信頼のおける輸入元さんの存在も大きいです。自分の五感をフル稼働して、飲んだことのない葡萄品種や生産地域のワインを味わってみるのも大切なことだと思いませんか?




左から

2014リムー シャルドネ エトワール
  Limoux Chardonnay Etoile2014 
¥2870(3100)


造り手 ドメーヌ ベギュード
  Domaine Begude

ラングドック、ピレネー山脈の裾野に広がる丘、標高350mの場所に位置し、地中海テロワールとピレネー山脈の冷涼な気候の恩恵を受け、自然農法でワイン造りを行っています。このシャルドネは、生産者のフラッグシップともいえるワイン。




右へ
2014カタラネスカ デル モンテ ソンマ
  IGT  Catalanesca del  Monte Somma
¥2670(2884)

造り手 カンティーネ オリヴェッラ
  Cantine Olivella

イタリア、カンパーニャにある国立公園「ヴェスヴィオ」の中に位置し、畑の土壌は3万9千年前の噴火で積もった火山性の砂に近い土壌が中心。この土地の土着である幻の葡萄品種「カタラネスカ」を無農薬、化学肥料不使用の自然農法を実践しながら大切に守り繋いでいる生産者。



2017年9月20日水曜日

Sapporo WINE Market Gourmet Selection 森のダイヤ、白トリュフ



イタリア、フリウリ ヴェネツィア ジュリア州の
世界遺産アクアラーニャの森で採れた香り高い白トリュフ

「白トリュフときのこのパテ」
「白トリュフ バター」が
入荷しています。

ご存知、トリュフは、フォアグラ・キャビアと並ぶ世界三大珍味の一つ。そして、イタリアでは、黒トリュフより白トリュフがより珍重され、食べ物の王様として有名です。樹齢の若い樫やブナ、楢などの若い根に自生し、一生表土に顔を出すことなく、地表20㎝ほどのところで生涯を送る不思議なキノコ。生体の謎が多く、人工的な栽培が不可能なことも高価な理由です。イタリアでは、トリュフ ハンターという職業があり、家族で代々受け継がれています。そして、腕のいいトリュフ ハンターには、賢そうな犬がお供しています。


チーズのリゾットやパスタ、卵料理に。
そのまま、パンやクラッカーに塗って
召し上がっていただいても美味。
豊かな香りと風味が食欲を刺激し
ついついワインがすすんでしまいます。


生産者 チャンニ タルトゥーフィ・エ・フィリ
お父さんが採取したトリュフを息子が加工しています。

●白トリュフときのこの パテ¥1280(税込)
(原材料:白トリュフ、ポルチーニ、にんにく、オリーヴオイル、塩、ペッパー)

パンに塗ったり、
生ハムと合わせても美味

●白トリュフ バター¥1680(税込)
(原材料:白トリュフ、バター)
パンに塗ったり、
ニョッキのソースにしたり
旬の無花果とも


ワインのお供にいかが?




2017年9月18日月曜日

お薦めブルゴーニュ フィリップ ガヴィネ



ブルゴーニュ好きのピノ子が
選ぶ、お薦めブルゴーニュは
ニュイ サン ジョルジュの名手
フィリップ ガヴィネが造る
当たり年
2010年ヴィンテージの
正統派ピノ ノワール


Nuits St-Georges 1er Cru
    Les Bousselots 2010
2010ニュイ サン ジョルジュ1級畑 レ・ブスロ


畑の名は、小さなコブを意味するブスロに由来。2010年の優良年に加え、白い花の香り、ラズベリー、クランベリー、チェリーなど完熟した赤系果実の芳醇な果実味に丸みを帯びた心地よい酸が印象的。上品な樽香もエレガント。例えるなら、正統派美人のピノ ノワールかな。ブルゴーニュで好きな造り手を10名だけ選びなさいと言われたら、間違いなくガヴィネさんも入ります、はい( ˘ω˘ ) !!


Philippe gavignet
生産者:フィリップ ガヴィネ

生産地:フランス ブルゴーニュ地方
葡萄品種: ピノ ノワール100%

ニュイ サン ジョルジュを代表する造り手の一人。



¥8230(8888)




2017年9月17日日曜日

Sapporo WINE Market Gourmet Selection ブルターニュの海が育む無添加リエット

フランス ブルターニュ地方
南部に浮かぶ小さな離島
「グロワ島」

人口2300人余りという小さな島で、地場の魚介類にこだわり、水産加工業を営む「グロワ・エ・ナチュール」美味しさの秘密は、化学調味料や防腐剤など一切の添加物を使用せず、素材そのものの美味しさを最大限に引き出した丁寧な製法にあります。


つなぎとなる材料の使用をできるだけ抑えて、それぞれの主原料をたっぷり使用して造られる贅沢な美味しさは、ワインやシャンパーニュとの相性も抜群です。そのまま、パンやクラッカーを添えて召し上がれ。また、スープに仕立てたり、鍋に加えると、美味しいおだしが出てスープや鍋料理が一層美味しくなります。

●サバのリエット ¥1100(1188)

●貝柱のリエット ¥1157(1250)

●カニのリエット ¥1157(1250)

※漁師の奥さん達が造る無添加レシピのため
開封後はお早めにお召し上がりください。






2017年9月14日木曜日

お薦めしたいシャンパーニュ、アラン ベルナール

 Alain Bernard
        アラン・ベルナール


1912年にディジーに設立されたレコルタンの生産者。
父、アランが指揮をとり、息子のブノワが
マーケティングを担う家族経営のメゾン



自然に根差した丹念な畑仕事、収穫期を迎えた葡萄はすべて手摘みで行われ、細心の注意を払って仕込みが始まります。大切に育てられた葡萄は、十分に完熟して糖度が上がっているため、アルコール補強のための補糖は一切必要がないそうです。そして、自然に流れ出るフリーランジュースのほか、プレスしてキュヴェとプルミエ タイユを搾汁。デブルバージュ(清澄)スティラージュ(沈殿物を取除く)を数回重ね、アルコール発酵を行ったのち、1月にアッサンブラージュ(ブレンド)2月にティラージュ(ブレンドしたワインに酵母と蔗糖を加えて瓶詰)を施したのち、最低3年間熟成。今では、機械が自動的に行ってくれるルミアージュも手作業(動瓶:瓶内二次発酵によって生じた滓を瓶口に集めるため、ピュピトルという穴の空いた専用の板に差し込み、一日8/1回転ずつ回す作業)、デゴルジュマン(澱引き)も手作業で行い、このデゴルジュマンの際に添加するリキュール デクスペディション(門出のリキュールという作業)には、多くの生産者が砂糖を添加するのに対して、果汁のみから生成される天然濃縮果汁を用いて仕上げられます。そして、3~6ヵ月ワインが落ち着くのを待って出荷されるという。



※輸入元 オルヴォー(株)さんから写真を拝借


最後まで読んで下さったのなら、シャンパーニュ造りがいかに大変で時間と手間とコストが、かかっているのかわかっていただけましたね(泣)彼は今後、さらに大変な馬での耕作にも着手するそうです。こんな大変な仕事を、このアランさんが一人で行っているとうから驚きです。写真で見る限り、寡黙で頑固な職人(いい意味で)に見えますね。常々思うのですが、生産者の情熱や性格ってワインの味に表れてるような気がします。実際お会いしたら「やっぱり!!」と思うことが多々あります。アランさんのワインは、雑味がなく(きっと邪念のない真っすぐな人なんだわ)とてもピュアで、身体と心にすっと染みわたっていくような滋味深い味わいが印象的です。
飲んだらわかります!是非味わってみて!素直に美味しいと感じていただけます。


 NV Brut Premier Cru Dizy
ブリュット プルミエ クリュ ディジー
葡萄品種:シャルドネ60% ピノ ノワール35% ピノ ムニエ5%



¥5400(5832)



 NV   Brut Blanc de Blancs Premier Cru
ブリュット ブランド ブラン プルミエ クリュ
葡萄品種:シャルドネ100%




¥5940(6415)

2017年9月13日水曜日

Sapporo WINE Market Gourmet Selection ナチュラル塩と有機栽培メープル



Flor de Sal D'estrenc
スペイン 
マヨルカ島の塩
ギフト セット


マヨルカ島は太陽と風という自然に恵まれ
天然塩の生産に適しています。
数世紀の遠い昔から、レーキという熊手を使った
伝統的な製法で塩が造られてきました。

手作業で、海水表面の塩結晶層を剥がし、太陽で自然乾燥させるというスローな製法で造られているため、ミネラルを豊富に含んだ旨みは一度味わうと病みつきになるほど。明らかに、精製塩とは一味も二味も違う。角が取れたまろやかな塩は、多くの有名レストランのシェフ達が愛用してるというのも納得です。
自分へのご褒美や、料理上手なあの人へ、嬉しいプレゼントにいかがでしょうか。




 50g×5種類 ¥5800(6264)

●ナチュラル   海塩100%
●オリーヴ    黒オリーヴ20% 海塩80%
●ローズ     バラ花弁・ペッパー合わせて20% 海塩80%
●ハーブ     各種ハーブ20% 海塩80%
●スリランカ   香辛料(クルクマ・クミン・コリアンダー・ブラックペッパー・シナモン・グローブ・唐辛子・コロハ・カルダモン)合わせて20% 海塩80%






Organic  Maple Syrup
カナダ
有機栽培 メープルシロップ

美味しさの秘密は、ネイティブ カナディアンの昔ながらの製法である「薪焚き」です。大変な手間とコストがかかるため、現在ではカナダでも2%ほどしか残っていない希少な伝統製法なのです。薪でじっくりと煮詰められたシロップは、スモークの優しい香りが広がり、すっきりとした甘さながら、味わい深いという特徴があります。分類は、アンバー(5分類)にあたります。


一切、余分なもののない、驚くほど
すっきりとしたナチュラルな甘み。
舌にのせると、メープルの芳しい香りや
とろけるような優しい甘みが
口いっぱいに広がり、すっと溶けていきます。



脂肪分がゼロで、カロリーが低いのも嬉しい。
パンケーキやトーストにたっぷりかけて召し上がれ

250ml  ¥2500(¥2700)